ぱっちり二重になりたい人は美容外科で相談してみましょう

予約の方法

先生

施術について確認するためには、福岡の美容外科で直接担当する医師に聞いた方が安心です。直接聞きたい場合は、事前にカウンセリングの予約をしておきましょう。予約方法は電話かウェブ上で行なうことができます。

もっと見る

二重になる方法

カウンセリング

ぱっちりした大きな目に憧れる女性は多いでしょう。どうにか化粧や二重グッズを使って理想の二重を作りあげている人もいますが、どんなに頑張っても24時間維持することはできません。時間が経ってしまうと、接着材の粘着効果が低下してしまったり、化粧がヨレてしまったりして理想の二重から遠ざかってしまいます。ですが、福岡にある美容外科の二重整形なら24時間、化粧をしていなくても二重になることができます。その方法は、福岡にある美容外科によって異なりますが主に使われている施術方法は、埋没法という施術方法です。埋没法は、メスを使わずに二重まぶたを作ることができるという大きなメリットがあります。そのため、二重に憧れを持っている女性に人気の施術方法です。埋没法とは、医療用に開発されたナイロン製の糸を使って二重まぶたを人工的に作る方法です。そのため、施術を受ける前に医師とカウンセリングをして理想の二重幅を決めておく必要があります。カウンセリングでは、どのぐらいの二重幅にしたいのか、施術の方法、デメリット、施術後の注意事項などの相談または説明を受けます。人によって理想の二重幅は異なりますが、その大きさが似合うかどうかも異なります。あまり大きく二重幅を作ってしまうと、違和感を感じる場合があるため、二重幅の大きさは医師のアドバイスも聞きながら決めていきましょう。実績のある医師なら、似合う幅の大きさを教えてもらうことができます。二重の幅が決まったら、次は施術の方法について詳しい話を聞いてみましょう。福岡の美容外科で扱っている施術方法では、医師と相談して決めた幅の大きさに沿って、医療用の糸でまぶたを縫い付けていきます。糸を通す前に、穴を開けて縫い付けていくため、歪んだり、失敗したりするリスクを減らすことができるのです。縫い終わったら結び目を皮膚の中に埋め込み隠します。こういった施術の流れで二重を作っていくことができます。しかし、埋没法にはデメリットもあります。例えば、アレルギーを持っている人で頻繁に目を擦る人には向いていません。施術には糸が使われているため負荷がかかり過ぎてしまうと切れる可能性があります。切れてしまったら直ぐに元のまぶたに戻ってしまいます。その他にも、実績の少ない医師に任せてしまうと、施術に失敗したり、直ぐに糸がほつれたりしてしまう場合もあるため福岡で美容外科を選ぶときも注意した方がいいでしょう。美容外科や医師の情報を集めたいときは、インターネットの口コミサイトを使って調べてみるのも一つの方法です。口コミサイトなら福岡などの地域に絞って調べることができるため。自分が欲しい情報だけを集めることができます。このように美しい自分を求めるときは、様々な事を想定したうえで福岡の美容外科について情報を集めて、それぞれのメリットデメリットを知っておきましょう。そうすることで、施術に失敗する可能性も低くすることができます。また、どういった人に向いている施術方法なのかサイトによっては紹介されていることもあるため、自分がどういったタイプなのか考えながら選ぶのも良いでしょう。

シミやしわの原因

女の人

老けた印象を与えてしまう原因にもなる、肌のシミやくすみは福岡にある美容外科で治療することができます。治療方法はメスを使わずに、美肌効果の高い美容液を肌に直接注入するといった方法のため痛みに弱い人気軽に挑戦できます。

もっと見る

時間の短縮

鏡を見る人

日々のお手入れ時間を少しでも短くしたいという人は、むだ毛の処理を福岡にある美容外科で行なっているレーザー脱毛に変更してみましょう。プロが施術を行なってくれるため安心して任せることができます。

もっと見る